贈る品物の選び方

取引き先の会社から、事務所を移転する旨の連絡を受け取ったものの、移転のお祝いをどうすれば良いか分からず、困っている方もおられるのではないでしょうか? そのような悩みを解消するためには、贈る品物などに気を配り、適切な方法で移転祝いをすることが大切です。

移転のお祝いには、胡蝶蘭の生花を贈るのが最もおすすめの方法と言えます。生花の胡蝶蘭は、鉢植えとして飾ることができるので、移転先の事務所をとても華やかな印象にして、たいへん喜ばれることでしょう。また、移転祝いには、フラワーアレンジメントや切花、観葉植物を贈るという選択肢もあります。ただし、切花の場合、花の種類によっては、日持ちがしにくいという問題があります。また、観葉植物の場合、日持ちは良いものの、花と比べて華やさという面で劣ります。

また、移転祝いに胡蝶蘭を贈る場合、花の色はやはり白が最も人気が高く、おすすめです。とりわけ、長い3本立ての胡蝶蘭は、多くの輪数もあり、たいへんゴージャスな印象を与えてくれます。また、同じ欄でも、値段によって、豪華さには違いがあります。蘭を贈る場合、そのあたりの事情を踏まえて、相手先企業の経営規模に見合った花を選択する必要があります。