チェックしたい事項

移転のお祝いとして、産地に気を配り、肉厚な花の胡蝶蘭を選定してプレゼントすれば、花持ちが良いので、長い期間に渡って相手先の事務所に華やかな印象を与え続けてくれます。また、3本立ての場合、5本立てと比較して、横幅が広くありません。そのため、オフィス内の限られたスペースに置いても、すっきりと収まるというメリットもあります。

そして、ビジネスシーンに於いて、熾烈なサバイバルに勝ち残るためには、やはりライバル会社との差別化を如何にして図るかが重要な問題となってきます。移転のお祝いとして、抜きん出て大きいサイズの胡蝶蘭を贈れば、他社から届いた花よりも目立ち、自社の存在感をアピールすることができます。

そのように、移転祝いに贈る胡蝶蘭を選ぶにあたっては、それなりのチェックポイントがあります。例えば、仕入れ価格や産地は、胡蝶蘭のクオリティを判断するための目安になる条件です。ただし、胡蝶蘭の仕入れ価格は、産地や需給のバランスによって、常に変動しています。したがって、仕入れ価格が高いとか、産地が有名だからと言って、胡蝶蘭の品質が良いとは限りません。高品質の胡蝶蘭を見つけ出すには、時期や花のコンディションに気を配ることが大切になります。

胡蝶蘭を贈る場合

胡蝶蘭は、移転祝いの贈り物として最もおすすめですが、花の選び方を間違えると、思わぬ失敗をすることにもなり兼ねないので、注意する必要があります。例えば、蘭を贈る相手先の企業が、大規模な経営状態にあり、自社以外からも多くの花が届けられる場合には、それなりの価格帯の花を選択することが大切です。そのような事柄を軽視して、相場よりも大幅に低い価格帯の胡蝶蘭を贈ると、豪華な花がたくさん飾られている中に、1つだけ非常に見劣りがしてしまうリスクが生じて来ます。

取引き先企業の事務所が移転し、その記念すべきお祝いの場面では、プレミアムな印象を与える白の3本立て胡蝶蘭を贈ることをおすすめします。こちらの贈り物を有効活用すれば、事務所移転のお祝いに特別な印象をプラスして、お互いの関係をより一層深めることができます。こうしたゴージャスな印象の胡蝶蘭は、上場企業、大手企業の移転祝いなどのシーンで、是非とも贈りたいものと言えます。

胡蝶蘭には、5本立ての鉢植えもありますが、1本の輪数で5本立てを上回る3本立ての胡蝶蘭を選べば、それだけの見映えがします。また、同じ胡蝶蘭でも、産地によって、花の厚さなどに違いがあります。より大輪で肉厚、花弁のサイズの大きい胡蝶蘭を選んで送ることができれば、他の胡蝶蘭に見劣りすることはないでしょう。

参考ホームページ|http://ranran-repertoire.com/

贈る品物の選び方

取引き先の会社から、事務所を移転する旨の連絡を受け取ったものの、移転のお祝いをどうすれば良いか分からず、困っている方もおられるのではないでしょうか? そのような悩みを解消するためには、贈る品物などに気を配り、適切な方法で移転祝いをすることが大切です。

移転のお祝いには、胡蝶蘭の生花を贈るのが最もおすすめの方法と言えます。生花の胡蝶蘭は、鉢植えとして飾ることができるので、移転先の事務所をとても華やかな印象にして、たいへん喜ばれることでしょう。また、移転祝いには、フラワーアレンジメントや切花、観葉植物を贈るという選択肢もあります。ただし、切花の場合、花の種類によっては、日持ちがしにくいという問題があります。また、観葉植物の場合、日持ちは良いものの、花と比べて華やさという面で劣ります。

また、移転祝いに胡蝶蘭を贈る場合、花の色はやはり白が最も人気が高く、おすすめです。とりわけ、長い3本立ての胡蝶蘭は、多くの輪数もあり、たいへんゴージャスな印象を与えてくれます。また、同じ欄でも、値段によって、豪華さには違いがあります。蘭を贈る場合、そのあたりの事情を踏まえて、相手先企業の経営規模に見合った花を選択する必要があります。

事務所移転のお祝い

ビジネスシーンに於いては、取引き先の会社からオフィスを移転するという連絡を受け、移転祝いをするケースも存在します。そうした場面では、何をプレゼントするかなどの問題に気を配って、適切な方法を選択することが大事になります。移転祝いに贈る品物の中でも、胡蝶蘭の生花は、一番のおすすめです。生花の胡蝶蘭を贈れば、移転先の事務所に置いて、とても華やかな雰囲気を演出してくれます。また、切花には「花持ちが悪い」、観葉植物には「華やかさに欠ける」という問題がありますが、胡蝶蘭なら、それらの問題を気に掛けなくて済みます。そうした胡蝶蘭の中でも、移転祝いに最もおすすめの色は、やはり白です。中でも長い3本立ての胡蝶蘭は、とても豪華な雰囲気を演出してくれます。

ただし、胡蝶蘭を贈る場合には、取引き先企業の経営規模を考慮に入れ、それに見合った価格帯の蘭を選ぶ必要があります。値段によって蘭の豪華さには違いがあります。よって、不適切な判断をすると、大企業の事務所移転祝いの場面に於いて、周りにゴージャスな花がたくさん並ぶ中、自社の贈った品だけが見劣りをするといったことにもなり兼ねませんので、気をつける必要があります。

このサイトでは、ビジネスシーンで、取引き先企業の事務所移転のお祝いに贈られる胡蝶蘭について、詳しく解説してまいります。皆さんの中で、移転祝いの品物を選ぶのに迷っている方は、チェックして、実際に役立てて頂ければ幸いです。